【アンチエージング おすすめ】イソップ サブライム リプレニッシング ハイドレーション ナイトマスク レビュー

USANCO BLOGへお越し頂きありがとうございます。イソップの渾身の技術力を活かしたと言われる、アンチエージングの決め手の一品、サブライム リプレニッシング ハイドレーション ナイトマスクを実際に使ってみましたのでレビューをお伝えします。

なぜこの製品が素晴らしいのか、詳しく調べましたので、価格の理由、美白、シワ防止、アンチエージングのメカニズムを解説します。

 

 

【アンチエージング おすすめ】イソップ サブライム リプレニッシング ハイドレーション ナイトマスク レビュー

 

またまた来てしまいました。イソップ丸の内店、新丸ビルの3Fにあります。

 

 

 

いつも整然と綺麗に商品が並べられている棚を見るのが好きでよく足を運んでしまいます。

 

 

店員さんに、「アンチエージング目的でシミやシワを防ぐ一番効果の高い製品はどれですか?」と聞いたところ、「これです。」とお勧めされたのが、やたら長い名前の商品でした。

 

商品名は、イソップ サブライム リプレニッシング ハイドレーション ナイトマスク。イソップの中でも高価格帯のスキンケア+(プラス)ラインの製品です。

 

「ビタミンCがたっぷり入っていて、シミやシワをなくすのに効果があります」と。

 

 

心の中で「ん〜、よく聞く謳い文句だけど、本当かなあ〜」と半信半疑に思いながらも、イソップはメーカーとしての企業姿勢やブランドポリシーをある程度評価していたので、値段は高いですが店員さんの事も信用して買ってみることにしました。

イソップなら嘘はついていないはずだ。というブランディングから来る事前のインプットがあっての判断です。

 

今回も、別の製品の試用サンプルをつけてくれました。

 

 

 

この製品は夜寝る前に顔に塗ると、寝ている間にビタミンC誘導体が表皮と真皮の奥深くまで浸透し、メラノサイトで色素沈着抑制、メラニン淡色化作用でシミを目立たなくし、真皮の中でコラーゲン合成を促すことでシワを目立たなくするというもの。

 

 

仕組みを理解していないと、果たして本当なのだろうか?と疑問が湧いてきます。

 

私は店員さんの言う事が本当なのか、いろいろな論文・資料などを探し調べてみることにしました。

 

 

ビタミンCの効能って何? ビタミンC誘導体ってなんだ?

 

たくさんの化粧品会社などからアンチエージングやスキンケア用品が出ていますが、ビタミンCを含むものが多くあります。その理由はビタミンCが下記の効能を持っているからです。

 

  • シミ・ソバカスの原因メラニンの生成の抑制
  • メラニン淡色化
  • コラーゲンの合成促進
  • 体内の活性酸素(体のサビの元)を除去

 

これらの効能は様々な論文や実験結果から確かなものとされています。

 

ビタミンCは美容に良い物質とされてはいるものの、実は普通のピュアビタミンCは不安定で、外気に触れるとすぐに酸化して効果がなくなるのと、直接肌に塗っても浸透して行かないそうです。

 

なので肌に塗る方法を取るなら「素」のビタミンCでは役に立たないと。(口から入れて内部から効かせる方法はサプリなど別の話になります)

 

そこで化粧品やスキンケア用として開発されたのがビタミンC誘導体というもので、酸化しにくいのと肌から表皮・真皮にまで浸透しやすいという特徴を持つ物質です。ビタミンCの親戚のようなものです。

 

ビタミンC誘導体にはいくつもの種類があり、リン酸型と言われる、「アスコルビルリン酸ナトリウム」は外気に触れても酸化しにくく、体内に入るとピュアビタミンCと同じ効能を発揮するという特徴があります。

 

イソップ サブライム リプレニッシング ハイドレーション ナイトマスクの主成分はアスコルビルリン酸ナトリウムです。

 

 

シミ・ソバカスを無くす仕組みを解説

 

まず、なぜシミ、ソバカスができるのか解説すると、紫外線が皮膚に当たることにより、活性酸素ができます。それを受けて情報伝達物質がメラニンの生成工場であるメラノサイトという細胞に届き、メラニンが生成され始めます。

 

メラノサイトの中での生成のされ方は下図の右にあるように、最初はチロシンというアミノ酸がドーパという物質に変わり、次にドーパキノンという物質に変化、だんだんと色が濃くなって最後はユーメラニンという、どす黒い物質に変わります。これがメラニン色素のできるプロセスです。

 

作画 by ©️USANCO 2021

 

アスコルビルリン酸ナトリウムはこのメラノサイトの中でユーメラニンをフェオメラニンという色が薄いものに変える働き:メラニン淡色化作用と、ドーパキノンをドーパに戻して、ユーメラニンの生成を抑える働き:色素沈着抑制作用を発揮します。

 

これがよく聞く「美白効果」というものです。ターンノーバーと言って下から徐々に表皮の角質層に細胞が上がってくるので、皮膚の細胞が入れ替わる1ヶ月以上使うと効果が現れるかもしれません。

 

 

シワを増やさない仕組みを解説

 

人体の中にあるタンパク質のうち1/3の量を占めるのがコラーゲンで、皮膚、骨、血管などの構造体の主原料です。

 

コラーゲンはビタミンCがないと合成されず、ビタミンC不足になるとコラーゲンがなくなり「壊血病」という病気になります。

 

壊血病は血管がボロボロになり、全身から出血してしまう病気です。大航海時代の船乗りが果物を食べていなかったせいでよくかかったそうです。

 

ビタミンC誘導体のアスコルビルリン酸ナトリウムは強力なコラーゲン合成能力があると、論文に記述されています。

 

真皮の材料の約70%がコラーゲンでできています。皮膚の表面にコラーゲンを塗っても浸透するわけではないので全く意味はありませんが、肌のコラーゲンを合成する工場である、繊維芽細胞にビタミンC誘導体、アスコルビルリン酸ナトリウムを浸透させたところ、コラーゲンの量が2倍に増加したとの実験データがあります。

 

下記右図のように、コラーゲンは真皮の中にある繊維芽細胞の中でアミノ酸と酵素とビタミンC誘導体であるアスコルビルリン酸ナトリウムがある事でエラスチン、ヒアルロン酸と共に合成されます。

 

作画 by ©️USANCO 2021

 

シワやたるみはご存知の通り、コラーゲンの不足により引き起こされます。繊維芽細胞がコラーゲンを合成しやすい環境に置くことでシワ・たるみ防止の効能が期待できます。

 

 

抗酸化、高浸透のビタミンC誘導体の開発費が乗っているから高いのか…

 

前述の解説通り、アスコルビルリン酸ナトリウムが素晴らしいことが分かりましたが、イソップではおそらくこのビタミンC誘導体自体の開発とそれをどのくらいの濃度で入れたら一番効果が出るのか、安全性や効果を確かめる為、何回も実験を繰り返しているはずです。

 

イソップでは動物実験を一切やっていないと公表していて、開発は大変困難であったと思われます。

 

イソップメルボルン本社の開発チームが莫大な時間と労力を掛けて開発しているものなのだろうなと想像しています。

 

正直、店頭で値段を告げられた時、「マジか…… た、高い……」と思いましたが、このビタミンC誘導体を生成するのはそう簡単ではないだろうと色々資料を見ていて感じ、この価格はやむを得ないかなと思いました。

 

しかしイソップってなぜこのウンチクを語らないんでしょう?すごくアンダーステートメント(控えめなマーケティング)だと感じます。

 

そこがイソップのポリシーであり、良さでもあります。これみよがしにガンガン宣伝はせず、じわーっと口コミで伝えていくやり方なのです。

 

 

実際の使用感はどうだったのか?

 

買ってきたその日の夜寝る前、イソップ サブライム リプレニッシング ハイドレーション ナイトマスクを使ってみました。

 

 

店員さんは週一回の使用でOKと言っていました。それで3ヶ月は持ちますと。

 

 

そんなに分厚く塗る必要はないとのことで、適度の薄さで塗り、眠りにつきました。香りは弱めですが、この自然な香りがとても気分いいです。

 

翌日……果たして効果は??

 

さすがイソップと言いたいです。肌のプルプル感、しっとり感は体感できましたし、一番効果があったのは、通常朝起きるとオイリー肌だったのですが、気持ちオイリーな感じが和らいでいる印象でした。

 

気のせいかもしれませんが、顔の色がやや明るくなった気がします。

 

 

↓こちらの記事もご参考にどうぞ!

イソップ Aesop 洗顔用 ファビュラス フェイスクレンザー レビュー

 

↓初めてイソップ製品を購入して感動した記事です!

イソップAesopのアロマティックハンドウオッシュに感動した話

 

↓クリックお願い致します m(_ _)m USANCO

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

人気ブログランキング

USANCO BLOGの最新情報をチェック!