新型コロナウイルス対策 乳酸菌、ビフィズス菌で免疫力アップできる


新型コロナウイルスの感染防止対策の一つとして、自己免疫力アップが挙げられますが、乳酸菌やビフィズス菌などの摂取により免疫力アップの効果が様々な文献で発表されています。マスクやアルコールが品薄で対策が手薄なら、自分の免疫力を増強してこの場を切り抜けましょう。

手洗い/アルコール消毒/うがい/マスク着用以外にも全方位でウイルスを予防したい

洗えるマスクについてのレビュー記事もご参考にどうぞ↓


洗えるマスクPITTA ピッタを使って洗ってみたレビュー

厚生労働省、医療機関、WHOなど各方面からの注意喚起もあり、皆さん新型コロナウイルス対策はやられていることと思います。

時差出勤や不要不急の出張中止、外出を避けてテレワークも急速に普及しつつありますね。Skypeなどによる遠隔の打ち合わせも増えてきました。

外部からのウイルス侵入を防ぐ手立てだけでなく、万が一入ってしまった時に備え、体内部の機能を強化し、全方位で対策することでウイルスの感染を防ぎたいものです。


腸が免疫の鍵

過去のNHKスペシャルでも放映していましたが、最近の研究で腸の役割が食べたものを消化するだけでなく、全身の免疫機能を司る役割があるという事がわかってきたとのこと。

腸には食べ物だけでなく、それと一緒に入り込んでくる病原菌といつも接触する機会がある為、全身の免疫細胞の約7割が腸の壁に存在しており、さらに免疫細胞が病原菌と戦うための訓練場のような場所が存在することまでわかってきたそうです。

その訓練場の名前は「パイエル板」といい、免疫細胞に攻撃すべき病原菌に直接触れさせ、攻撃の訓練ができるようになっているとのこと。

そこで訓練された免疫細胞が肺など別の臓器や全身に行き渡り、腸以外の場所でも病原菌と戦うのだそうです。

腸内環境が免疫力に密接に関係しているということが勉強できました。


免疫力をアップさせる乳酸菌/ビフィズス菌

新型コロナウイルスに感染しても、免疫力が十分にあれば発病せずに済む可能性があります。発病しなければ、自分の体内でウイルスを撲滅させることができ、咳やくしゃみをしなければ生きたままウイルスが排出されることもなく、他人に感染させる確率も下げることができるはずです。

免疫力は20代〜30代でピークをむかえ、40代から徐々に低下していきます。免疫細胞の数も徐々に減り始めるため、高齢になればなるほど注意が必要です。

どの年齢の方でも腸内の菌のバランスを保つことで免疫力アップができるとのこと。腸内細菌の種類には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類がいて、日和見菌は善悪どちらか強い方に付いて加勢するのだそうです。

腸内の善玉菌が多いと当然ながら免疫力がアップします。そこで注目されるのが乳酸菌、ビフィズス菌などの善玉菌です。


ヤクルトは比較的安価にビフィズス菌を摂取できる

今後ヤクルト、R-1、ヨーグルトなどのように良質の乳酸菌、ビフィズス菌、が摂取できるものにより免疫力をアップが期待できます。


created by Rinker
ヤクルト
¥2,800(2020/09/28 13:48:14時点 Amazon調べ-詳細)


created by Rinker
カルピス由来の乳酸菌科学
¥3,148(2020/09/27 21:47:20時点 Amazon調べ-詳細)

奥の手として保存の効くタブレットで補給する手もあります。



免疫力をアップさせ、便臭を抑えるオリゴ糖

オリゴ糖は腸内フローラ(腸内の細菌類のバランス)を整えるという話は聞かれたことがあると思います。乳酸菌、ビフィズス菌などの善玉菌を腸内で優勢に保つために働くとのこと、プレバイオティクス効果という言葉もヨーグルトの宣伝などで謳われています。

オリゴ糖を摂取することで、腸内のエコシステム=腸内フローラを良好に保てるということですね。

オリゴ糖の副次作用として難消化性で吸収されにくいのでダイエットに良いのと、便臭が軽減されるとのこと。これはエチケット向上策としてもいいですね。


created by Rinker
日本オリゴ
¥890(2020/09/27 21:47:21時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
塩水港精糖
¥856(2020/09/27 21:47:21時点 Amazon調べ-詳細)

睡眠不足は免疫力を低下させる

免疫力をアップさせる、もう一つの大事な秘訣はこれです。睡眠時間をなんとしてでも確保すること。皆さん、懸命に本業に勤しみ、家事を行い、子育てをし、副業をし、パートに行き、勉学に励み、ブログを書き、Twitterで拡散をし、などやることが多くどうしても睡眠不足になりがちだと思います。

筆者もこのブログの執筆時間をいかに少なくするか、日々の生活の中で無駄な時間を減らすか日々挑戦です。家から駅までの徒歩は競歩に近いくらいに早歩きです。

1秒でも1分でも無駄をなくし睡眠時間をできるだけ増やす。それが免疫力アップに繋がります。せめて6h〜7hは睡眠時間を確保したいものです。

アメリカで行われた睡眠の研究では、7時間未満の睡眠時間の人と、8時間以上の睡眠時間の人では風邪の引きやすさに3倍ほどの差が現れたとのこと。

睡眠時間の確保は難しいですが、頑張ってできるだけ長く取っていきましょう!


↓比較的安価なおすすめの消毒液の記事もご参考にどうぞ


消毒液おすすめ 微弱酸性次亜塩素酸水 ジアの素が手指消毒に使える

↓クリックお願い致します m(_ _)m USANCO


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング
USANCO BLOGの最新情報をチェック!