WEB制作者、WEBデザイナーになる為のコツを現役ITエンジニアに聞いてみた

USANCO BLOGへお越し頂きありがとうございます。

インターネットWEB制作の仕事に興味がある方へ。

どうすればWEB制作ITエンジニアまたはWEBデザイナーになれるのか?

現役のITエンジニアのメンターの方にインタビューした内容をお伝えします。

将来の職業をどうしようかとお悩みの方がいたら、ぜひ参考にして頂けたらと思います。  

 

WEBデザイナーになるにはどんなスキルが必要?

 
 
USANCO
WEBデザイナーになるにはどんなスキルを身につければいいでしょうか?
 
メンター
WEBフロントエンド技術を習得していくことをお勧めします
どういうことなのか、もうすこし詳しくお伝えしますね。WEBデザイン(PhotoshopやIllustratorなどを使うグラフィック)だけだと、仕事の幅が狭くなり、給与待遇も安くなりがちです。
HTML, CSS, JavaScriptなど関連フレームワークも含めた、いわゆるWEBフロントエンドの技術(コードを書けること)を習得していくのが得策です。
勉強は上記の技術は当然ですが、コンピュータやインターネットといった、ITの基礎も重要な要素です。
勉強の方法には、書籍やオンライン教材での独学、プログラミングスクールでの履修などあります。
スクールは無料体験などで確かめたり、体験談(良い面、悪い面の両方)を収集したりすることをおすすめします。
 

WEB制作の今後の需要見通しは?

 
 
USANCO
WEB制作は今後需要が高まりますか?
 
 
メンター

WEBサイトは増え続けているので、WEB制作の需要も増え続けるだろうと思います

 

手作業で文章や画像を並びかえていくようなものではなく、自動化ツールやフレームワークを使いこなして作業していく性質になっていくと考えます。

職人芸というよりは、ツールを適切に使いこなせる人に、仕事が集まっていくでしょう。

 

ITエンジニアってどのくらいの年収を狙えるの?

 
 
USANCO
未経験からITエンジニアの経験を積んだ場合、最終的にはどのくらいの年収を狙えますか?
 
 
メンター
日本のIT企業のシステムエンジニアですと、中央値は600万円前後のようです
 
特定の分野にきわめて優れていたり、IT全般に造詣が深かったりすると、エンジニアとしての評価も上がり、それよりも高い水準になります。
逆に、単純なテストだけ担当したり、マニュアルに従うだけの作業だったりすると、それよりも低い水準になりがちです。
管理職、プロジェクトマネージャーに昇格し、給与も増えるが、責任や残業も増える、というのもよく聞くパターンです。
 

コロナ禍での求人はどうなっているのか?

 

 
USANCO
コロナ禍の状況でWEBエンジニア・デザイナーの求人は以前と比べどうなっていますか?
 
 
メンター
観光業や飲食業と比較するとIT企業に対するコロナの影響は限定的なので大きなダメージはなく増員傾向です
 
リモートワークの需要が一時的に増したので、関連サービスや製品を展開している企業では、むしろ増員をしているようです。
コロナ禍以前からの流れで、IT企業では転職が割と一般的になってきているので、採用の重点が変わってきているような印象はあります。
 
 

学歴がなくてもWEBエンジニアになれますか?

 

 
USANCO
学歴がなくてもWEBエンジニアになれるものなのでしょうか?
 
 
メンター
企業によってケースバイケースですが、日本だと学歴を求められることが多いです
 
エンジニアへの転職という軸で回答すると、エンジニア職に限らず、日本の一般的な企業だと、大学、もしくは専門学校卒業の学歴を求めることが多々あります。
ただ、学歴なしでも、適切な努力をすれば転職が可能な場合もあります。未経験からのエンジニア転職の場合もしかりです。
独学やスクール、現役エンジニアから実践を通して学ぶなど、適切な努力をして実力をつければ、学歴の壁は突破できる可能性があります。
 

新卒でIT企業に就職したいが、どんな努力が必要?

 

 
USANCO
新卒でIT企業に就職するためにはどのような努力が必要になりますか?
 
 
メンター
WEBアプリケーション開発企業に就職する前提で以下にお話しします
 
クライアント側なら、HTML / CSS / JavaScriptの技術が必須です。サーバ側は、PHP / Ruby / Python / Javaなどが主流です。
どれを採用するかは会社やプロジェクトによりけりです。これらを習得しておくとアピールポイントになるので、クライアント側の各技術と、サーバ側の技術から1つ選んで学習するといいでしょう。
また情報処理技術者試験といったIT系資格も取得しておくと履歴書に書けます。 学習中に意識すべき点ですが、応募にあたって大事なのは勉強したことでなく、それで業務にどう貢献できるかです。 想像や憶測でかまわないので、どう仕事に活かすかを頭の片隅に置いて勉強するといいでしょう。
TechAcademyの無料体験でメンターにエンジニアの働きについて聞いてみると、具体的にイメージしやすくなると思います。
 

東京以外の地方でもWEBエンジニアやデザイナーの求人はありますか?

 

 
USANCO
ネットにある求人は東京の会社がほとんどという印象です。地方での転職はできるのでしょうか?
 
 
メンター
地方都市に本社があったり、本社は東京でも支社が地方にある企業も多いので地方都市にも求人はあります
 
ただ、インターネット上の発信が弱かったり、単純に検索結果で上位に出なかったりするので、少なく見えることはありえます。 地元の就職フェアイベントや、県庁の就職支援サービスなども活用して、情報収集してみてください。未経験、別業界への転職にあたっては、自分では大した経験や技能と感じていなくとも、採用側にとっては大きな魅力となる場合があります。
自分で選択肢を狭めすぎず、知人や転職エージェント(無料)など第三者の意見も参考に、これまでに培った経験や技能を活かせて、 将来性を見だせる転職先を探すのが良いでしょう。
 
無料のプログラミング体験コースや、無料でメンターに質問できるメンタリング体験プログラムを用意しているテックアカデミー は筆者も両方体験してみましたが、親切で良心的でした。
無料体験は下記のサイトからお申し込み可能です。実際に触れて経験してみる価値はあります。
 
 
 
 
 
こちらの記事もご参考にしてみてください↓
 
関連記事

USANCO BLOGへお越し頂きありがとうございます。オンラインITスクール、テックアカデミーのワードプレス無料体験コースを受けてみました。筆者は別のITスクールでも通いでプログラミングを受講したことがありますが、通いとオンラインの違い[…]

 
関連記事

USANCO BLOGへお越し頂きありがとうございます。オンラインITスクール、テックアカデミーの無料メンタリングを受けてみました。テックアカデミーのどういうところが評判いいのか?実際に仕事を受けるまでの流れやどうすれば受注案件を取りやす[…]

 
↓クリックお願い致しますm(_ _)m USANCO
 
 
USANCO BLOGの最新情報をチェック!