アルコールに代わるおすすめ消毒液 ジアの素は本当に効くのか? 乳酸菌で培養実験してみた結果


USANCO BLOGへお越し頂きありがとうございます。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、消毒液による手指、ドアノブ、スマホなど様々な場所を消毒することが大事です。

今回は安価に自宅で作成可能な消毒液、「ジアの素」の殺菌効果を確かめるべく、寒天培地を使って乳酸菌を培養し、有効性を確かめてみました。さて、その実験結果は?

ジアの素 微弱酸性次亜塩素酸水は本当に殺菌力があるのか?という疑問に答える

アルコールはウイルスの殺菌や不活性化に効果があることは周知の事実です。しかし、まだ一般市場で浸透しきっていない、微弱酸性次亜塩素酸水の殺菌効果は本当にあるのでしょうか?


そんな疑問を持った筆者は、実際に実証実験を自分でやってみようと思いました。寒天培地で培養し、コロニーができるかどうかを確かめようというものです。

悪玉の病原菌でやるのはあまりにも危険ですし、実際手にも入らないので、善玉菌で増えても危険のないヨーグルトの乳酸菌を使うことにしました。

まずは材料の調達と培養実験の準備 寒天培地を作る

今回の実験で用意したのは、ジアの素(微弱酸性次亜塩素酸水)、寒天、片栗粉、ヨーグルト、寒天培地を作る100均で買ったプラスティック容器です。


まずお鍋で寒天を作ります。お湯を熱して寒天パウダーを入れ良くかき混ぜます。


乳酸菌のエサとなる炭水化物、片栗粉も加えます。


容器に寒天培地の素を注ぎます。


実験には2セットの寒天培地が必要です。片方は乳酸菌をそのまま培養、もう片方は乳酸菌にジアの素をかけて、2つを同じ条件で保温し培養したいと思います。

同じ分量の寒天を流し込んだ容器を冷蔵庫に入れて寒天培地を固めます。


寒天培地の完成です。完全に固まりました↓


次にヨーグルトから乳酸菌を取ります。


綿棒で容器の中の寒天培地に9カ所ヨーグルトを均等な間隔で塗り付けました↓


片方にのみ、ジアの素(微弱酸性次亜塩素酸水)を吹きかけます。もう片方はフタをして遠ざけ、ジアの素が入らないようにしてと。


ジアの素に殺菌効果があるならば、この時点で乳酸菌は死滅していくはずです。


ジアの素スプレーを2回ほど吹きかけた直後

フタをして、何もしていない乳酸菌とジアの素を吹きかけた乳酸菌を、ウサギ用の暖房器具で保温します。35℃くらいの温度です。


菌類の培養は30℃〜35℃くらいと言われているのでちょうど良いかと思います。これで1日置いてみます。


乳酸菌の培養実験 丸一日培養した結果は??

1日の培養実験結果の写真が下記です。左が何もしていない乳酸菌の寒天培地、右がジアの素を吹きかけた乳酸菌の寒天培地です。


ジアの素を吹きかけた右側のヨーグルトの跡が消滅している

一目瞭然です。右の方は跡が無くなっています。おそらく乳酸菌は死滅しているのではないか?と思われます。

「ジアの素」には殺菌効果があるのではないかと推測できます。

筆者は顕微鏡を持っていないのですが、顕微鏡でのぞいて状態を見ることができたら確実に証明はできると思います。

今回使用したジアの素の消毒液は次亜塩素酸が50ppmの濃度で、家庭用として殺菌消毒するための標準的な濃度です。2Lの水にジアの素を1包入れて作成することができます。

ちょっと贅沢に使える!ジアの素(微弱酸性次亜塩素酸水)の消毒液

今回の実験で使った「ジアの素」は微弱酸性次亜塩素酸水という消毒液です。アルコールに変わる、比較安価で手に入りやすい水溶液で、コロナウイルスなどのエンベロープタイプのウイルスにも有効と考えられる。と専門家から推奨されています(新型のウイルスなので証明結果はまだありません)

専門家の先生のコメントを記述した記事はこちら

「ジアの素」は粉末で販売されており、自宅で2Lのペットボトルとスプレーボトルさえ用意すれば消毒液として使用できます。

2Lの水溶液が作れる包装が5つ入って2100円です。合計で10Lもの消毒液が作成可能です。

500ml入りのスプレーボトルに入れると20回も詰め替えができて、1つあたり105円となり、500mlのアルコールが定価で900円ほどするので、約1/8の値段のジアの素はかなりコストパフォーマンスが高いです。

こうしたコストダウンにより、アルコールよりも贅沢な使い方が可能です。

飲食店の客席などの消毒をするには、大量の消毒液が必要ですので、このコストは助かるのではないでしょうか?

業務用の20包入りを購入すればコストはさらに下がり500mlあたり75円となります。

またもう一つのメリットとして、アルコールは発火性が高いので火気厳禁ですが、このジアの素は水ベースですので発火することはありません。

厨房・キッチンなどの火気を使用する場所に向いている消毒液です。

筆者の家ではスーパーや薬局で買ってきた食材や日用品の一つ一つを玄関にてこのジアの素を吹きかけ拭き取って、完全に消毒した上で、キッチンやリビングルームに入れるようにしています。

また火気を使用するキッチン周辺の消毒にも活躍中です。

10%OFFクーポンコード: jia0428

※クーポンコードについて:「Apple Payで購入」を選択するとクーポンコードが適用されませんのでご注意ください。「お申し込み」というボタンから入り、通常のクレジット決済からのご注文のみクーポンコードが適用されます。またクーポン適用が予告無しに終了する可能性もございますので、予めご了承をお願い致します。

ジアの素 公式ホームページはこちら



ジアの素とアルコールのメリット・デメリットを比較

ジアの素とアルコールのメリット・デメリットを比較してみました。

<ジアの素 メリット>

  • コストが安い500mlあたり105円(業務用75円)
  • 蒸発しにくい(保管時)
  • アルコールより殺菌できる菌の種類が多い
  • 手指消毒、ペット消毒に使える
  • 手が荒れにくい(皮脂は溶けない)
  • 手指消毒の後、手がさらさらになる
  • ペットに使える(皮脂は溶けない)
  • 粉末状態なら長期保存が可能
  • プラスティック製品やゴム製品にも攻撃性はない
  • 2度拭きの必要なはい(残留物残らない)

<ジアの素 デメリット>

  • 塩素の匂いが少しする
  • 水ベースなのでアルコールに比べ蒸発が遅い(噴霧時)
  • 水溶液にしてしまうと保存期間が1ヶ月ほど

<アルコール メリット>

  • 手指消毒に使える、定番の消毒剤
  • 使った後、手がさらさらになる
  • 噴霧した後、蒸発しすぐ乾く
  • 油汚れも取れて清潔
  • 2度拭きの必要はない(蒸発するので残留しない)

<アルコール デメリット>

  • 500mlあたり900円〜3000円と高価
  • 蒸発しやすい(使わなくても減っていく)
  • 発火性がある(火気厳禁)
  • 手が荒れる(皮脂が溶ける)
  • ペットに使いにくい(皮脂溶けるため)
  • プラスティック製品やゴム製品に多少の攻撃性がある

手洗いが多い最近の状況の中で、手荒れにお悩みの方に「ジアの素」は特におすすめです。

筆者の家庭では家族全員、アルコールからこのジアの素に変えて、手荒れが以前ほどひどくならずに改善しています。

10%OFFクーポンコード: jia0428

※クーポンコードについて:「Apple Payで購入」を選択するとクーポンコードが適用されませんのでご注意ください。「お申し込み」というボタンから入り、通常のクレジット決済からのご注文のみクーポンコードが適用されます。またクーポン適用が予告無しに終了する可能性もございますので、予めご了承をお願い致します。

ジアの素 公式ホームページはこちら


↓ジアの素の作成手順を紹介した記事はこちらです


アルコールに代わる消毒液おすすめ ジアの素 誰でも簡単に作れる!

↓こちらの記事もご参考にどうぞ


アルコールに代わる おすすめ消毒液 ジアの素ミニボトルで家族を守る!


アルコールに代わる消毒液おすすめジアの素が手指とペットに使えてコスパ高い!

↓ウレタンマスク30日間洗濯機で洗ってみた耐久テスト記事です


ウレタンマスク耐久性テスト 洗えるマスクピッタを30日間洗濯してみた結果!



↓クリックお願い致しますm(_ _)m USANCO


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング
USANCO BLOGの最新情報をチェック!